裁量労働制の時間外労働について、ようやく理解した気がする

裁量労働制について、ある程度理解した気がします。

 

裁量労働制は1日の労働時間は基本的に労働者に委ねられる。

そして、給与は予め相談して決定した労働時間に基づいて支払われる。

しかし、深夜労働や休日の労働は追加の給与が払われる。

 

・平日の午前5時~午後22時までの労働に関して

一日労働時間が8時間で設定されていれば、給与には残業代は0です。

平日の出勤日で午前5時~午後10時までの間であれば何時間働いても、時間外労働は一切でないと考えられます。

これは裁量労働制という制度では、自身のペースで仕事をして、仕事が終われば帰宅も可能という前提があっての制度です。

大学で医療業務をメインにしている特任助教には本来適用できないはずですが、何らかの抜け道を利用していることが予想されます。

 

・平日の午後22時~午前5時までの労働に関して

時間外労働がつくなら、1.25倍付与されるのかと思いきや・・・

0.25の部分がもらえるということらしいです。

つまり、時給2000円で3時間の深夜業務を行うと

3×2000×0.25=1500円

の追加報酬を得ることができるということですね。

 

ふざけんな!!!!

 

・休日の労働に関して

こちらは平日とは異なります。

また、休日の法定休日か、所定休日で条件が異なります。

週休二日制であれば、どちらの休日が法定休日かどうかを確認しておく必要がありますね。(多分、一般的には日曜が法定休日になっていることが多そうです)

ちなみに、祝日も所定休日のようです。

 

・法定休日

法定休日の非深夜は時給の1.35倍、深夜は時給の1.6倍の給与となります。

 

・所定休日(週休二日の片方と祝日など)

所定休日の非深夜は時給の1.25倍、深夜は時給の1.5倍の給与となります。

 

 

・まとめ

裁量労働制でも時間外の給与を請求できることが理解できました。

しかし、平日の深夜はわずか0.25倍の付与であり、時給2000円でもたったの500円・・・と、人を馬鹿にした給与になっていることがわかります。本来の裁量労働制のように、普段から自身の労働量をコントロールできればそれでもよいですが、実質裁量のない医者にとっては地獄であることがわかります。

休日は所定休日と法定休日の違いはありますが、労働時間ベースで給与がきちんと支払われることが理解できました。

やるなら休日の労働ということですね。

ただ、そもそも論として、特任助教+医者の仕事を裁量労働制として良いのかは不明です。

ブログ村ランキング

ランキングに登録しました!ぽちっと押してもらえたらうれしいです! にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村