アルバイト医師の2018年と大学常勤勤務の2019年の月給目安

医師の給与はベールに包まれていますが、参考に私の給料を提示しておこうと思います。

独身貴族でブランドものとかも興味がないことから、基本的には衣食住+αくらいでしか使用していないです。笑

 

・2018年年度

アルバイト生活で月給を稼いでいました。途中から仕事を増やしたので、一番給料が多く稼いでた月を参考に提示したいと思います。

しかし、アルバイト生活は病気になると一気に給料が入らなくなるので不安定な点がネックでした。

幸いにも、大病を患うこともなく乗り越えられたのは幸運というほかありませんね。

さて、目安の給料ですが・・・

 

一回18万円のバイトが月1回

一回10万円のバイトが月12回

一回5万円のバイトが月4回

一回3万円のバイトが月2回

の、計170万円弱が最高月収予想でした。

実際に最高月収は180万の月がありました。しかし、同様に130万程度しか稼いでいない時期もあったため、平均では1700万程度という形になります。

 

アルバイト、体にも負担は少なく、このペースで年間働けば年収2000万近くとなります。自由診療を交えたアルバイトは非常に魅力的ですね。

その他の仕事のペースとしても、当直の回数も少なく、日勤もかなり楽な仕事を選んでいたことから身体的な負担はかなり低かったですね。

 

参考までに、3月は他のスポットバイトをした関係もあり、恐らく額面で216万の給与所得があります。結構しんどかったですが、何とか乗り越えましたね・・・。

 

・2019年度

さて、2019年度の月間の手取はすでに予想が立っています。

不動産所得は微々たるものなので計算にはいれません。あくまで給与所得のみです。

2019年度は割の良い自由診療バイトができないため、命を削って稼ぐ必要があります。

 

さて、月収ですが・・・

大学:45万円(医師手当、当直込みです。常勤医師でこの安さは半端ないですね)

その他のバイトで、月90~100万程度の給与となりそうです。

今の2019年度の年収予想ですが、1650万円程度となります。

かなり命を削ってこの額ですが、もっと大学の給与がまともだったら1800万~2000万程度は可能になりそうなんですが・・・。

とりあえず、医局からの外来バイトなどでうまく交渉をして回数を少し+してもらったり、他の医師の仕事であまり乗り気でないものをピンチヒッター的にさせてもらって収入をあげていきたいと思います。

 

・参考記録:2019年1月~12月の給与

2019年3月の給与がかなり良かったことと、2018年12月の給与の一部が1月振り込みになっていることから、2019年一年間だけで見た場合の年収も計算しておきました。

これは確定申告に使う値になるわけですね。

今のところ、目安としては1900万ちょっとということになります。

今から納税が怖いですね。非常にストレスです。

 

・まとめ

大学病院の常勤で働くと、年俸制として給与が激減します。

常々調べている、年俸制でも残業が出るはずという理屈から、労働時間をメモすることで残業代を確保していく方法を考えたいと思っています。

 

ブログ村ランキング

ランキングに登録しました!ぽちっと押してもらえたらうれしいです! にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村