大学病院勤務 年俸制でも残業代は出るらしいですね

タイトル通りですが、裁量労働制は残業をもらうことがかなり難しいですが(本当に裁量労働制であれば・・・)、年俸制は普通にみなし時間を超えれば残業が出るらしいです。

労働時間は基本的に8時間と記載されているため、平日5日の勤務で40時間と規定労働時間におさまるということですね。

36協定を結んでいるはずですので、少なめに45時間残業を行った場合の残業代について計算してみようと思います。

 

年俸を月割りし、医師手当を加え、所定労働時間の月160時間で時給換算を行うと時給は約2500円となります。

2500円/時間と、医者の時給としては驚愕の低賃金ですね。

ここから改善してほしいです。笑

 

・では、残業代はどうなるのか

残業代は平日か、深夜か、休日かによって変化します。

意外と知らない!? 正しい残業代の計算方法(弁護士執筆)

こちらの情報を参考にさせていただきました。

労働の種類 賃金割増率
時間外労働(法定労働時間を超えた場合) 25%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)
※適用猶予の場合有
※代替休暇取得の場合は25%の割増無
50%割増
深夜労働
(午後10時から午前5時までに労働した場合)
25%割増
休日労働(法定休日に労働した場合) 35%割増
時間外労働(法定労働時間を超えた場合)+深夜労働 50%割増
時間外労働(1ヵ月60時間を超えた場合)+深夜労働 75%割増
休日労働+深夜労働 60%割増

【上記ブログより引用】

平日の通常残業:1.25倍

平日の深夜労働:1.25倍

平日の深夜残業労働:1.5倍

休日労働:1.35倍

月60時間の労働を超える場合もありそうなので、そのあたりをどのように調整するかが問題ですね。

ある程度の残業申請をする場合は部門長の許可が必要になったはずです。

 

さて、上記の倍率で考えると私の残業時給はいくらになるのでしょうか?

平日の通常残業:1.25倍=約3100円

平日の深夜労働:1.25倍=約3100円

平日の深夜残業労働:1.5倍=約3750円

休日労働:1.35倍=約3300円

 

次に、実際の月残業代がどの程度になるのか見積もっておきましょう。

 

・残業代

平日残業のみで45時間の残業を行った場合は、約14万円の月収増加につながります。

ちなみに、休日の残業を稼いだ場合は、約15万の月収増加になりますが、目を付けられるリスクを考えれば・・・。微妙ですね。

 

さて、この月14万円、額だけ見れば大した額ではありませんが、年間で考えれば約168万円の給与増加となるため侮れません。

ベースの給与がたったの500万ちょっとであることを考えれば、約168万の給与増加は非常に大きな意味合いを持つ額になりますね。

 

実際に45時間の残業が可能なのかも考えておきましょう。

月45時間の残業は週にすればわずか9時間の残業です。

週5日勤務であることを考えれば、1日あたり2時間の残業する余地もない、欠陥制度であることがわかりますね。

 

・まとめ

年俸制でも残業代がもらえるという朗報より、来年の自分の予想残業代を簡単に計算してみました。

実際には、残業代は払わないと渋られることが予想されますが、その時は労基に行くつもりです。

また、これとは別の話になりますが、労働組合に参加して医師の権利を確保できるようにも頑張っていこうと思っています。

医師の権利を守らない現状のせいで、大学病院が過疎化しているのは間違いありません。

ブログ村ランキング

ランキングに登録しました!ぽちっと押してもらえたらうれしいです! にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村