XMのボーナス込みスワップ運用。入金ボーナスで利回り2倍!?

さて、海外FXについて調べています。ここはゼロカットシステムなので、追証がつかずに追加入金しなくてよいのが素晴らしいですね。

①信託保全のシステムがあるかどうか

②未入金ボーナスがあるかどうか

③入金ボーナスがあるかどうか

が大きな違いのようですね。

スワップポイントも口座によってかなり違いますし、国内口座と比較すれば辛めの設定のように思えます。

さて、その辛めの海外FX口座でスワップ運用を行う方法を考えたいと思います。

 

ちなみに、XMは上記の三つともクリアしていますね。

 

①信託保全

厳密にいうと信託保全ではありませんが、保険加入しているため日本円で1億円まで補償されるようです。

 

②未入金ボーナス

未入金でも3000円分のボーナスがつきます。そのため、入金なしでも少しだけ取引が可能です。

当然、たったの3000円なので大きな勝負はできません。

 

③入金ボーナス

入金ボーナスは合計で50万円です。

まず、初めの5万円までは100%のボーナスになります。つまり、5万円の入金で10万円分の取引が可能ということです。ボーナス分は引き出せないのと、元金を引き出すとボーナスが消えることには注意が必要です。

そして、5万円以上の入金に対しては20%ボーナスがつきます。つまり、10万円入金すれば、5万+5万×0.2=6万のボーナスが付くということですね。

最大ボーナスは230万円入金した場合の50万円分ということになります。

 

・ではスワップ運用についてどのようにするか

今回、スワップ運用についてはお小遣い稼ぎという考えで行います。

大きく入金すると損失もその分大きくなるので、5万円分を入金しボーナスと合計した10万円で取引を行う予定です。

さて、ボーナスを利用するメリットとしては、スワップ運用による利回り上昇効果があります。保有通貨が増えれば、獲得可能スワップも増加するため元本が為替差益で削られても取り返せるという理論ですね。

レバレッジは888倍で計算しています。ロスカットされにくくなるという利点があります。

 

XMで高スワップ通貨といえば、トルコリラ(TRY)絡みのものになります。

今回はユーロ/トルコリラ(EUR/TRY)で考えようと思います。

 

・1000通貨の取引なら!?

スタンダード口座では1lotが10万通貨なので、取引量は0.01lot単位で行います。つまり、1000通貨ですね。

0.01lotを売ると、一日当たりスワップポイントが約68円で、年間24000円程度と利回り24%です。

忘れてはいけません。初期投資は5万円なので、実質利回りは倍の48%です。

この時、400pips程度の逆行に耐えることが可能で、現状のレートでは10.9まで耐えられる計算になります。過去、EUR/TRYは8に到達したことがないため、もう少しレバレッジをかけて利回りを向上させても良さそうですね。

 

・3000通貨の取引なら?

では、0.03lotを売ればどうなるでしょうか。一日当たりのスワップポイントが約206円で、年間73000円程度と利回り72%!と圧巻です。

この時、150pips程度の逆行に耐えることが可能で、現状のレートでは7.7まで耐えられる計算になります。

過去最低レートよりは下という点には注意が必要ですね。元の投資金額が50000円だということを考えれば、実質利回りは倍の140%です。

 

 

さて、上記だけを見れば脅威の投資ですが、実際にはそうも上手くはいきません。

当たり前ですが、為替変動による損失を考える必要があるためですね。ただ上記の通り、EUR/TRYに関して言えば過去最低レートを更新しなければ、スワップポイントも変化はしますが元本分に近い利益を獲得できそうです。

もう少し安全に行くのであれば、5万円入金(10万円証拠金)で2000通貨のEUR/TRYを扱うという方法もあるでしょう。

私も口座開設中ですが、入金が可能になったら上記の0.03lot(3000通貨)でのスワップ運用を行ってみたいと思います。

FX, 金稼ぎ

Posted by none-power