医師のFXによる低リスク資産運用について サヤ取り運用について②

医師のFXによる低リスク資産運用について サヤ取り運用について①

さて、前回はサヤ取りについての説明をしました。

基本的には通貨価値の変動の影響を受けず、スワップポイントをもらうという手法で、ローリスクローリターンを目指す手法という認識です。

では、実際にメリット・デメリットについてみていきましょう。

 

・メリット

通貨の変動による影響を非常に受けにくい

スワップ差による収益を安定して獲得できる

 

・デメリット

通貨の変動による利益を得ることができない

獲得できるスワップが、マイナススワップ分が本来よりも減ってしまう

必要証拠金が倍になるため、資産運用という観点では利回りが低下してしまう

 

といった感じです。

メリットとしては、爆益はないものの、欲をかかなければ爆損もしないということですね。

これは大事ことで、通常のスワップ運用のように、赤字が出ても持ち続けるという手法では大打撃を受けてしまい、容易に資産を使い切ってしまうことがあります。

デメリットとしては、やはり利回りが低下してしまうことでしょう。

「通常の買いスワップのみよりも、売りスワップのマイナス分があることから利益が伸びにくいこと」と、「通貨を確保するための費用が倍かかってしまうために、より多くの資金が求められるということ」ですね。

つまり、低めの利率ながらも、安定した収益を受け続けることを目的としたものがサヤ取りによる資産運用ですね。

これは、元の資産がある人であれば、時間にそこまで余裕が無い人にも可能な運用方法でしょう。

では、次回以降は実際に達成可能な利益についての計算をしていきたいと思います。

 

 

こちらでも有益な情報があるかも!?
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村