初心者にも簡単に理解できる、レバレッジの漠然とした考え方

今回は、レバレッジについて簡単に説明します。

FXを行う場合、証拠金という概念があることは皆さんご存知でしょう。

ドルを例に挙げますが、1ドル=110円と仮定した場合、10,000ドル=1,100,000円となります。

レバレッジ=1倍、つまり通常の状態であれば、10,000ドル保有するのに1,100,000円が必要となるわけですね。

この10,000ドル保有するために必要な資金が、レバレッジを利用することで変化します。

レバレッジを考える際は、2パターンで考えると理解しやすいと思います。

①ある通貨を決まった枚数購入する場合に必要な証拠金を求める場合

②自分の証拠金で、どれくらいの通貨が購入できるのかを求める場合

 

①ある通貨を決まった枚数購入する場合に必要な証拠金を求める場合

例えば、先ほどと同様に1ドル=110円と仮定しましょう。10,000ドルを保有するにはレバレッジ1倍では1,100,000円が必要というのは先ほどと同じ話です。

では、レバレッジX倍だといくら必要になるのでしょうか?

これは単純に、1/Xで済むということですね。たとえば、レバレッジ10倍にすれば、110,000円用意すれば10,000ドルの保有が可能になります。

国内FXのレバレッジは個人であれば25倍が最高となっていますが、その場合は44000円あれば10,000ドルが保有が可能になるということです。

 

②自分の証拠金で、どれくらいの通貨が購入できるのかを求める場合

再び、1ドル=110円、1ユーロ=130と仮定して考えましょう。

手持ちの資金が1,430,000円だとすれば、保有可能なドルはレバレッジ1倍だと13,000通貨、ユーロであれば11,000通貨ということは理解しやすいでしょう。

ここで、レバレッジ4倍でドルやユーロを購入する場合、どのように考えるとわかりやすいでしょうか?

こういったときは、資産をレバレッジの分、倍にしましょう。

つまり、5,720,000円分、ドルとユーロを組み合わせて購入が可能ということですね。

単一通貨で考える場合は、その通貨の価値をレバレッジ分で割り算するという方法もありますが、複数通貨を扱う場合は資金を仮想的に増やして考える方がわかりやすいのではないかと思います。

 

結論

さて、レバレッジについての説明は終わりです。ここで提示したように、レバレッジを掛けるという行為は、自分の資金以上の取引を行うことだと理解できると思います。

そのため、少しの値動きで資金が増えたり、減ったりとハイリスク、ハイリターンであることがわかると思います。

海外FXではレバレッジ400などもあり、100,000円しか持っていない人でも、40,000,000円持っている人と同等の通貨を扱うことが可能になるということですね。しかし、証拠金は100,000円しかないため、少しの値動きでロスカットになってしまいます。

このハイリスク、ハイリターンの怖さについて理解し、小額ながらも安全な資産運用を考えていきたいものですね。